スポンサーリンク


2014年11月03日

【実話】LINEアカウント乗っ取り犯と会話してみた

芸能人LINEアカウントが乗っ取られたことがニュースになっていましたが、自分の友人もついに被害にあってしまいました。



その友人のアカウントからはこんなメッセージが送られてきました。




002 (2)1



突然こんなメッセージが送られてきたらびっくりしますよね?



急いで友人に電話を掛けましたが連絡がとれず、放置しておいたら相手は退出していきました。



仲の良い友人から急に敬語で送られてきたことにも不信感を感じましたが、この文章の日本語に違和感を感じませんか?





そして最近、また別の友人がアカウント乗っ取り被害にあってしまいました。


送られてきたメッセージは前回とまったく同じ!



しかし今回は2度目だったので、相手は友人を装った乗っ取り犯だと確信し、まず乗っ取られた友人にFacebookからメッセージを送って、アカウント削除するまでのあいだ相手と会話をしてみようと思いました(笑)




以下はその時の画面キャプチャーです。




まずは、こちらが相手の話を聞く用意があることを示して、どう出てくるのか探ることにします。

001-1.png




l-3.png

ちなみに友人は500km以上離れたところに住んでいて、明日お金を渡すことは不可能です。

もちろん、人にそんな金銭的なことを頼む不躾なタイプではありません。




どうやら、日本語も怪しいので、とりあえずいろいろ聞き出してみようと試みます!

l-4.png



敬語のあとにタメ口、やっぱり日本語を母国語とする人間ではないですね



iTunesカードが何かわからないふりをしてとぼけてみると・・・



l-5.png



画像添付してきやがった(笑)  


・・・んで、5枚って要件しか言わないし。カタコト確定!


何のカードか聞いてるのに答えない。


それが人にモノを頼む態度か!って本気でイラつくのを堪えつつ続けます(笑)



l-6.png



まったく、こいつ自分の要件しか言いません(笑)



仕方がないので、コンビニへ向かっているふりに切り替えます。



無言が続くと退室しそうなので、コンビニへ向かいながら会話でもしているかのように装います。



試しにまったく別人の愛称で呼んでみて、のってくるかやってみます。



l-7.png



相変わらず要件のみを伝えてくるばかりで会話になりません。



これはあきらかに会話が理解できていない証拠で、あらかじめ用意されたものをコピペしていると思われます。



そして、こちらが質問を繰り返すと退室してしまいました。



このやりとりのあと、「本物」の友人はアカウントを削除して、事情の説明とお詫びをFacebookに投稿することになりました。




【まとめ】

このLINEアカウント乗っ取りについて、ネットで調べてみるといくつか情報が上がっていました。

・相手は中国国内から接続しているよう。そのため「天安門」というワードを入力すると、当局の監視が入り切断される。

・中国語でやりとりしている画像をアップしているものあり

・こちらの質問には答えず会話が成り立たない、用意された文章から選択しているよう。

あぁ、やっぱりね・・察し

しかし、これを信じてコンビニへiTunesカードを5万円分買いに行って、スクラッチ部分を削ってから番号をカメラで撮って、5枚分の画像をわざわざ添付してやる人なんているのかね??



posted by ふりーうぇい at 16:14 | Comment(0) | やってみた・買ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。